トランスクリエーション&コピーライティング

お客さまの『伝えたいこと』を文化的背景に沿う、心に届くメッセージにいたします。


そもそも、トランスクリエーションとは?

トランスクリエーションとは、翻訳に手を加え、文化的背景に合うよう編集したり、コピーライティングを行ったりすることです。

通常なら、優秀な翻訳者による従来型の翻訳で十分です。しかし、場合によってはそれでは不十分なこともあります。特にマーケティング分野では、ターゲット言語が使われる文化的背景に適応する創造性のある表現でなければ、「伝えたいこと」が人々の心には届きません。

例えば、日本文化には、英語文化にはない繊細で細やかな丁寧さの度合いがあります。英語のビジネス文書をそのまま訳しただけでは、日本語では軽すぎる(すなわち失礼な)印象を与えることがありますし、英語のマーケティング素材に多い文化的なユーモアや洒落を用いた表現や例えなどを、日本語の中で使用することはできません。

トランスクリエーションはどうやって作られる?

大まかに2段階の作業工程により行います。第1段階として、テキストを翻訳し、その後の段階でメッセージを伝えたい対象者にぴったりの表現になるよう編集したり、必要なトーン(論調)になるように調節を行います。必要とされるトランスクリエーションに応じて、全体の作業の中に翻訳者、編集者、コピーライターが適宜関わります。

トランスクリエーションのご提供だけでなく、WeDoJapanでは、日英の優秀なコピーライターと共同で新しいコピーを一から作りだすお手伝いも致します。

トランスクリエーションの料金

トランスクリエーションのサービスは、翻訳をより自然かつターゲット言語にふさわしい表現に編集するものから、原文を参考として全体を一から書き上げるものまで、さまざまな度合いがあります。そのため、お仕事の案件により費用も大きく異なります。また、翻訳とコピーライティングのバランスに応じて、文字数または単語数による計算方法または、作業時間数に応じた計算方法のどちらかをご提案させていただきます。

ご要望に関する詳細をぜひ一度お知らせください。喜んで早急にお見積書を作成させていただきます。

Contact us to get an estimate