メディアおよび字幕翻訳

字幕翻訳

WeDoJapanは、企業ビデオから、時事問題の番組、子供向け番組、ドラマ、自然ドキュメンタリーなど、数々の字幕制作の経験があります。字幕翻訳の大きな特徴は文字数に制限があることです。それは字幕を読むのは音声言語を聞くよりも時間がかかるからで、簡潔でわかりやすい字幕にまとめるのは技術が必要です。さらに日本語の会話は、はっきりと口に出さないことも多く、英語よりも文脈に依存しているので、字幕にするのはさらに難しいのです。

私たちは特殊な字幕ソフトを用いて、映像に合わせたタイムコード入りのエクセルファイルを制作し、字幕を作成します。必要に応じて業界基準の.srt形式で納品することも可能です。字幕制作料金は映像の長さによって設定することが多いですが、映像の内容や、どのような制作工程をとるかにもよります。字幕の他、テロップも制作可能です。

インタビューの文字起こしと翻訳

イギリスおよび日本の放送局や映画製作会社のために、インタビュー映像を翻訳します。正確を期するためには、まず文字起こしをし、書面にしてからの翻訳をお勧めしています。しかし緊急の場合には、録音音声から直接翻訳をすることもあります。必要に応じて編集後の映像に字幕をつけ、より正確に調整することも可能です。大規模で急を要するプロジェクトには、翻訳者を集めてチームとして対応します。

ロダクション・リサーチと調査支援

英語と日本語でインターネットまたは電話によるリサーチを承ります。リサーチ資料の翻訳や要約、著作権交渉などの番組製作のお手伝いもいたします。さまざまなメディアで多くのプロジェクトを手がけた実績がありますので、ぜひお気軽にご連絡ください。WeDoJapanのディレクター、トニー・マクニコルは日本で15年間ジャーナリストを務め、映像プロジェクトにも携わったので、経験豊富です。

ぜひお気軽にご相談ください。見積もりは無料です。 私たちの力がビジネスのお役に立てれば幸いです。

つながりましょう

日本や翻訳、私たちの業務にご関心がありますか?ぜひWeDoJapanニュースレターにご登録ください。

所属団体

トニー・マクニコルはITI(英国翻訳・通訳協会)の正会員です。また播本淑恵と共に、ITIの日本語専門支部の会員でもあります。

     

提携団体

WeDoJapanは、Export to Japanの公式ビジネス・パートナーです。これは英国貿易投資総省がイギリス企業の日本との取引を促進するために立ち上げたプロジェクトで、詳しくは下記をご覧ください。